スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日のスクレイピングをpythonで

03-12,2012

先日のスクレイピングは、ib-rubyを使いたくてrubyで作成していたんだけど、エラーが出てしまいどうやっても回避が難しそうだったので、pythonのIbPy(Interactive Brokers Python API)を使ってみることにした。
先日作成したスクレイピングもpythonで書かないといけなくなった(ToT)

pythonで書いてみて、試してみたけどうまくいかなかった。
この前ハマったときと同じように、user-agentを設定してやればいいはず、と思っていたけどダメ。
試行錯誤した結果、Acceptを下記のように設定してやったらうまくいった。


import urllib, urllib2

user_agent = "Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/535.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/16.0.912.75 Safari/535.7"
opener = urllib2.build_opener()
opener.addheaders = [('User-agent', user_agent), ('Accept', '*/*')]
url = "http://www.interactivebrokers.co.jp/
html = opener.open(url).read()


個人的な備忘録として、残しておこう。
スポンサーサイト

銘柄リストをスクレイピングしようとしたら

02-29,2012

Interactive Brokers(IB証券)のウェブサイトから、全取引銘柄のリストをスクレイピングしようとしたけど、なかなかうまくいかなかった。
いろいろ試してみた。
結論としてはアクセスする際に User-Agent を付与してやったら、うまく行けた。
ハマったわー。

Interactive Brokers(IB証券)ヒストリカルデータ

02-28,2012

Interactive Brokers(IB証券)から、TWS経由でMultichartsへヒストリカルデータを落として、売買システムの検証をしようと思っていたんだけど、何度もエラーが出た。
最初は順調に落ちてくるんだけど、しばらくするとエラーになって全然ダメ。
原因を調べてみたら、どうもAPIの制限に引っかかってしまったようです。

詳しくは、こちら(Historical Data Limitations)とか、こちら(Interactive Brokers ~米国株証券会社~)で。

制限の内容としては下記のような感じらしいです。

・15秒以内の同一条件(銘柄、データ種類、期間)のリクエストは禁止
・2秒以内の同一の銘柄を6つ以上リクエストする事は禁止
・10分以内に60以上のリクエストは禁止
・1年以上は遡れない

過去1年間の大量の銘柄のデータを、Multichartsからちまちま落とすのはかなり厳しいので、IB APIを使ってなんとか制限に引っかからないようにヒストリカルデータを収集するプログラムを作ることに決めました。
ヒストリカルデータを格納するデータベースも作らないと。


これからパンローリングの投資本を読む人へ -万年初級者の残念な思考と姿勢-

02-25,2012


あなたは、投資初級者?上級者?

あなたは、投資に関して上級者ですか?中級者?それとも初級者でしょうか?

万年初級者の方が中級者以上になるためにとても参考になる書籍をご紹介します。
『これからパンローリングの投資本を読む人へ』っていう本です。
この本はこれから投資を始めようとしている方にも、参考になると思います。
パンローリングの投資本は、いろいろ読んできた私ですが、この本はオススメです。


初級者って?中級者候補って?
この本の中で著者は、初級者の特徴を下記のように述べています。

・初級者
書いてある情報を鵜呑みにして、知識や知恵に昇華しない。
売買ルールがない。
「相場が間違っている」「自分には向いていない」などの捨て台詞をはく。

私にも心当たりがあり、ちょっと耳が痛かったです。
株式投資を始めた頃は、何となく上がりそうとか、一時的な下げだからそのうち戻るはず、と売買の基準がまったくなかったので。
次に、その初級者から中級者へ抜けだそうとする人たちの特徴を下記のように述べています。

・中級者候補
自分の失敗を謙虚に受け止める。
自分の悪かったところを反省し、次に役立つヒントや課題を考える。
地道に研究を重ねる。


中級以上を目指すのに重要なこと
では、初級者が中級を目指すために最も重要なこととは、何か。
著者は、
「常に相場を尊重し、経験を重ねながら、失敗はもちろん、成功も冷静に受け止め、知識を身体で理解していること」
と述べています。
この点は、非常に納得出来ました。
私自身、なんとなく売買をしていたことを反省して、毎回毎回の売買を振り返って良かったところと悪かったところをノートに書くようにしたら、全体的なパフォーマンスが改善してきましたから。


投資は地道な作業の繰り返し

また私がこの本で、一番共感したのはこの文。

「投資というと、すごく派手なイメージがあるかもしれません。しかし、実際はかなり地味な作業の繰り返しであり、だからこそ、うまくいったときの恩恵は大きいのです。」

本当にそのとおりだな、と。
どの銘柄を買うか、どんな売買基準がいいのかとかの調査、研究、検証はまさに地道な作業なので。



投資経験5年、投資本50冊、売買経験500回
著者は投資の技術を向上させるのに必要な目安として、「投資経験5年、投資本50冊、売買経験500回」と言っています。
私は売買経験500回に達していないので、まだまだ修行が必要だな…。
頑張ります。



他にも
他にも投資に必要な、投資家心理や資金管理、人生計画と投資スタイルについても書かれていて、参考になります。
特に、投資家心理の部分。
「感情のおもむくままに行動すると、投資では損をする仕組みになっているのです。」
など、重要なことが満載です。




文庫本なのでお買い得
パンローリングの書籍は、値段が高いものが多いですが、この本は文庫本で735円。
読みやすいし、値段が安い点も含めて、お買い得だと思います。
投資家として万年初級者から、中級者、さらには上級者を目指している方、読んでみてはいかがでしょうか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。